■D・Box工法の概要

・進化した土のう「D・Box」に砕石を充填し、基礎下に敷設していく工法。

・一般財団法人日本建築センターの「建設技術審査証明書」(BCJ-審査証明-266)を取得済み。

■D・Box工法の特徴

・D・Boxの中詰材(砕石)に荷重を加えることで、袋の張力により中詰材の粒子間摩擦が増加して大きな圧縮強度が発生する。

・地盤補強効果の他、振動低減、液状化防止、凍上防止効果などが期待できる。

・セメント系固化材を使用せず、完全に水を通すため、地下環境に影響を与えない。

・大きな専用重機等を必要としないため、比較的狭小な土地にも対応可能。

・D・Boxを敷設した周辺地盤そのものの強度を上げることが出来る。

D・Box工法の特徴

■D・Box工法施工の流れ