常識なんて変わるのが常識。

デイブ森田のビデオブログ2

~「ハウスワランティ方針発表会2018」ご来場ありがとうございました。および「地盤塾」やりますよ~

地盤業界の歴史の転換点。
あるいは、地盤業界のマイルストーン。

2018年3月8日は、地盤業界の歴史が変わった日として語られることになる。
そんなふうに確信しています。
その日、「ハウスワランティ方針発表会2018」開催。
登壇したハウスワランティ代表理事、人呼んで地盤業界の横綱=デイブ森田からは、
画期的な提案がされました。一言でいえば「住宅地盤の全棟改良の推奨」です。
今回のビデオブログでは、複数の視点から提言を解説しています。
より安全な住宅を目指し、常識は変遷を続けてきたこと。
たとえば住宅の基礎は、「ピン基礎→布基礎→鉄筋の入った布基礎→べた基礎」というようにスタンダードが変わっていった。
いまでは90%以上がベタ基礎である。
かつては住宅に地盤調査することじたい常識的なことではなかった。
住宅の歴史とは、当たり前じゃないものが当たり前になってゆく歴史である。
10年、20年たてば「住宅地盤の全棟改良」は当たり前になってゆくかもしれない。
そして現在、時代にあった考え方や技術をつねにアップデートするため勉強会を企画中。
その名も「地盤塾」あるいは「森田塾」(いずれも仮称)。

地盤は家の一部です。byデイブ森田

地盤に関するご質問・お問い合わせはデイブ森田まで。
お気軽にどうぞ。
両国に来たら、ご一緒に食事でも(笑)。
TEL:03-5638-0086

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です