ジャパンホームシールドのことを語らせたらデイブ森田でしょ

~地盤調査をしないのが当たり前の時代だったよね。当事者だから話せる、地盤業界の黎明期、裏側、これから~

今回は、どこを切ってもジャパンホームシールドの話です。

地盤業界の生き字引、デイブ森田の真骨頂が全開。「へー」とか「ふーん」の多い収録だったです。

ジャパンホームシールドの前身は、アメリカンホームシールド。最初の最初は、アメリカでやっていたサービスを踏襲したビジネスを展開。

アメリカの場合は、冷蔵庫、洗濯機、ボイラー、プールなんかの保証をしていたそうです。でも、 そのサービスをそのまま日本でやろうとしても、ぜんぜんうまくいかなかったのが実情。

まさしく最初の2年は「鳴かず飛ばず」。 転機となったのは「表面波探査」だったそうです。いまや当たり前になった木材のプレカットの始まったころのエピソードも登場。

まさしく「手探り土探り」でやってきた30年。 最初のころは、「地盤調査しましょう」という営業トーク。つまり、「地盤調査しないのが当たり前の時代」だったそう。現代のスタンダードに照合すれば、ずいぶん荒っぽい印象もありますよね。

おっと、いま明かされるアメリカンホームシールドの社員採用の基準も飛び出しています。応募者たちの履歴書に特筆した英語の能力が、逆効果になったという笑撃の事実。いやー、ウソのようなホントの話です(笑)。

今後は、森田さんしか知らない地盤業界のオモテとウラを教えてくれるそうですよ。森田節、炸裂かー。またピーが増えるしれません。おもしろいんだけど、放送できないっていうもどかしさ。 隔靴掻痒(かっかそうよう)って、こんなときに使う熟語でしたっけ。

震えて待て。

業界人よ。ライバル会社の役員・社員よ(笑)。

テレビ局のスタッフの皆様。

地盤に関するコメントは、デイブ森田までお気軽にどうぞ。

地盤は家の一部です。byデイブ森田

YouTubeチャンネル「ハウスワランティ」の登録もよろしくお願いします。

ワランティ通信では、地盤などに関する質問を受け付けております。

 対談相手も募集中。自薦他薦問いません。テーマは地盤、住宅、経営、ゴルフなど、硬軟とりまぜて可能です。

TEL:03-5638-0086 一般社団法人ハウスワランティ営業本部

ほかの会社の社員も含めて、みーんなうちにいらっしゃい(笑)

~デイブ森田のビデオブログ47回:業界に激震。ジャパンホームシールドを創った男が、ジャパンホームシールドのM&Aを語る~

今回は「さびしい話」です。 その理由は、ずーっと下のあたりに書いてます。

さて、メインテーマは、「LIXILが親会社のジャパンホームシールドの全株式を、みずほキャピタルパートナーズに譲渡」という衝撃のニュース。

デイブ森田いわく、みずほ銀行が出資している会社だから経営的にはいいんだろうけど、技術的にはどうなっていくんだろうね、という指摘。

業界に与えるインパクトや勢力図の趨勢など、理性的な分析も気になります。でも、やはりジャパンホームシールドをゼロから始めたデイブ森田としては、「さびしい」が正直なところ。

10年、20年の保証をやっていくわけで、地盤も経営も安定が第一。地盤保証の会社の経営地盤が揺らぐのは避けたいものですよね。 おかげさまでハウスワランティは、このコロナ禍のなかで(ちょっと読みづらいですね笑)、ボーナスも出せました。

いっぽう食い倒れの街=大阪市では、2020年4~11月の廃業が3,533店に達した模様。これは 2019年の同じ時期の約3割多い数字とか。うー、これも「さびしい」データですね。

地盤も経営も安定が一番。というわけで、ほかの会社の社員も、みーんなうちにいらっしゃい (笑)というわけです。

このほかにも森田節が炸裂。

 「スウェーデン式サウンディング試験」という名称が、「スクリューウェイト貫入試験」 に変更になったけど、そのネーミングってどーなのよというツッコミ。

 「調布市の道路陥没事件」の話。

それから、地底人の話も出ます(笑)。

テレビ局のスタッフの皆様。

地盤に関するコメントは、デイブ森田までお気軽にどうぞ。

地盤は家の一部です。byデイブ森田

YouTubeチャンネル「ハウスワランティ」の登録もよろしくお願いします。

ワランティ通信では、地盤などに関する質問を受け付けております。 対談相手も募集中。自薦他薦問いません。テーマは地盤、住宅、経営、ゴルフなど、硬軟とりまぜて可能です。

TEL:03-5638-0086 一般社団法人ハウスワランティ営業本部

地盤の専門家に聞く、「調布市の道路陥没事件」と「山口県の上関大橋段差事件」

〜デイブ森田のビデオブログ45回:20年前、デイブ森田が仲裁した福島県いわき市の「地盤陥没事件」も登場〜

カーテンをあけたら、前の道路にドーンと巨大な穴があいてたらどうします?

怖いですよね。不条理ですよね。とうぜん不動産価値も下がりますよね。

というわけでメインの話題は、「調布市の道路陥没事件」が登場。

12月10日の朝日新聞朝刊でもこんな記事が載っていました。

「調布市東つつじケ丘の市道が陥没した問題で、周辺住民らが、東京外郭環状道路(外環道)のトンネル工事中止を求める署名活動を始めた」

うーん。「トンネル工事中止」ですか。

臭いモノにはフタ、道路の穴は埋めりゃいい。そんなシンプルというか小手先の対応では収まらない気配です。

地盤業界のカリスマ、地盤業界の横綱、デイブ森田の直言は、「設計やり直したほうがいいんじゃないの」。

今回の事例にも通じるケーススタディとして、20年前、デイブ森田が仲裁した福島県いわき市の「地盤陥没事件」も登場。

2軒の不同沈下が発生して係争になり、こちら側が勝利したというもの。ゼネコンに脅かされたぜっていう話も出ます。

とにかく、因果関係を明快に証明するのは難しいけれど、近隣でデカイ工事があったら自宅の写真を撮っとけ。ないよりはマシ。

そんな教訓も読み取れそうですね。

とにかく、地盤で困ったことがあったら、俺に言ってこいってことですよ。そうデイブ森田が言っております。

地盤業界のあなた、建設業界のあなた、マスコミのあなた。

とにかく、地盤で困ったことがあったら、俺に言ってこいってことですよ。そうデイブ森田が言っております。

森田さん、2回書いておきました(笑)。ハウスワランティの電話が鳴ったらよろしくお願いします。

YouTubeチャンネル「ハウスワランティ 」の登録もよろしくお願いします。

ワランティ通信では、地盤などに関する質問を受け付けております。

対談相⼿も募集中。⾃薦他薦問いません。テーマは地盤、住宅、経営、ゴルフなど、硬軟とりまぜて可能です。

TEL:03-5638-0086 ⼀般社団法⼈ハウスワランティ営業本部

地盤業界のカリスマ、地盤業界の横綱、地盤業界の○○○○、登場

〜デイブ森田のビデオブログ44回:住宅業界の新商品「地下室シェルター」はZOOM部屋にもいんじゃないか〜

一部のコアな愛読者の皆様、こんにちは。

「デイブ森田のビデオブログ」は、少しリニューアルします。一言でいえば、「地盤の話題を増やす。収録時間は減らす」。地盤業界や建設業界の方々をメインターゲットに意識して、内容を改善していきたいと思います。

具体的には、10分を切る収録時間が目標です。

それに合わせ、こちらの文章パートでもその指針を反映。コンパクトな文章量とキビキビした文体でお届けしたいと考えております。夏目漱石『坊ちゃん』のようなキレのいい、スピード感のあるトーンをめざして参ります(ハードル高いな笑)。

さて、今回のお題は「地下室シェルター」。サンヨーホームズによる、戸建住宅向け多目的シェルター「MultiShelter」(マルチシェルター)。

「シェルター」ということで防災的な意義はもちろんですが、地盤という観点から見ても有意義。

デイブ森田いわく、品質の担保された、「つくった基礎を持っていくのが1番いい」。

ハウスワランティも来年はそっちに取り組んでみようかな、という発言もあり。

居住空間も増えるし、コロナ禍でニーズの高まるZOOM部屋にも好適。

というわけで、シリアスなメインテーマは、「地下室シェルター」の話です。

もちろん、脱線もします(笑)。「テレビドラマで人を殺して埋めるシーン」に対するトーク。

「たった5分で穴掘ってた。あれはおかしいだろ、2時間ぐらいかかるんじゃないか」という地盤の専門家ならではのツッコミです。

YouTubeチャンネル「ハウスワランティ 」の登録もよろしくお願いします。 ワランティ通信では、地盤などに関する質問を受け付けております。
対談相⼿も募集中。⾃薦他薦問いません。テーマは地盤、住宅、経営、ゴルフなど、硬軟とりまぜて可能です。
TEL:03-5638-0086 ⼀般社団法⼈ハウスワランティ営業本部

水に殺されない家

〜デイブ森田のビデオブログ第41回:一条工務店の「耐水害住宅」の話。家が流されないためには、基礎を工夫する方法もある〜

いやー、建設業界のあなたなら、もうごぞんじですよね。ええ、一条工務店の「耐水害住宅」のニュースですよ。スゴイですよね。あるギョーカイ的にいうと「ゴイスー」でしょうか(昭和なフレーズですいません笑)。

災害で水が攻めてきても水に流されない。そもそも水が侵入してこないように工夫してある。なんせ「世界初の水害に耐える家」です。災害の多発する昨今、マイホームづくりに一石を投入する話題といえるでしょう。

が、しかし。

水を差すすようですいません。

地盤業界のカリスマ、デイブ森田のコメントを1つ。

根源的な話なんですけどね。

地盤調査をやる。現場を歩いてチェックする。

それで「住宅を建てるには危ないな」「水がきそうだな」と思ったら、「そもそも、そこには建てないほうがいいんじゃないか」って話です。

が、しかーし。

どーしてもそこに建てなきゃいけないって場合は、「耐水害住宅」やっぱりスゴイよね、というのはもちろんです。

工務店もお施主さんも、検索「耐水害住宅」でチェックです。

ここでデイブ森田の2つ目のコメント。

家が流されないためには、「基礎と杭をつなぐ方法」があるということです。

基礎と杭の関係については、判断がわかれます。

1:基礎と杭はつないだほうがいい説。

2:基礎と杭はつながないほうがいい説。

ちなみにデイブ森田は、後者です。

どちらの説にもメリットデメリットあるので、設計施工サイドでも勘案して決定したほうがいいです。

ゲリラ豪雨という言葉がシンボリックです。もはやどこに大量の雨が降るかわからない時代になりました。

わたしも過去、地下鉄丸の内線の赤坂見附駅で、赤い地下鉄が水没したのを目撃したことがあります。いわゆる都心の一等地でも油断はできない。ましてやサンズイに縁のある地名は、もちろん要注意です。

ただし、「江戸」の「江」もサンズイついてます。大阪の「梅田」は「埋めた」が語源でもあります。

何らかのカタチで水の心配がまったくない土地なんて、この日本列島にはないんじゃないでしょうか。おっと、そもそも日本は、「列島」つまり「島」ですから、水に囲まれたロケーションですよね。

水に関する情報を見ずに、家を建てるな。

ってとこでしょうか。

YouTubeチャンネル「ハウスワランティ」の登録もよろしくお願いします。 ワランティ通信では、地盤などに関する質問を受け付けております。
対談相⼿も募集中。⾃薦他薦問いません。テーマは地盤、住宅、経営、ゴルフなど、硬軟とりまぜて可能です。
TEL:03-5638-0086 ⼀般社団法⼈ハウスワランティ営業本部

えっ!消費税25%ですか?

〜第32回:日本経済のホントの実力とか、1ドル90円説とか、日本経済の今後が見えるかもの巻〜

今回は、予言と提言の全11分2秒になりました。

なんとデイブ森田は、3月9日時点の収録で「オリンピック1年延期説」を洞察しています。このほか新型コロナ不況に対する処方箋として、「消費税納付後ろ倒し説」の提言。あるいは「予定納税今回はやめよう説」も登場。

もしデイブ森田が総理大臣だったら、という話題は7分あたりで勃発。インパクトじゅうぶんの「1ドル90円説」「消費税25%」を開陳しています。もっともこちらは日本経済が復調してからという想定だと思いますが。

テレビもラジオもネットも、イヤというほど新型コロナの話題であふれています。そこでいまこそ、あの偉大な大リーガーの名言をご紹介。松井秀喜さんの言葉です。

「自分のコントロールできることに集中するだけ」。ビジネスマンとして、経営者として、家庭人として、自分のできることにすべて手を打ったら、あとは少し鷹揚に構えたいものです。

全人類待望のワクチンは、2021年の早い時期に完成する。そんなニュースもありました。「病は気から」とあわせ、いま座右に置くべき名言であると感じます。さっそくわたしは、壁に貼っています。

地盤は家の一部です。byデイブ森田

ワランティ通信では、地盤などに関する質問を受け付けております。

対談相手も募集中。自薦他薦問いません。テーマは地盤、住宅、経営、ゴルフなど、硬軟とりまぜて可能です。

TEL:03-5638-0086 一般社団法人ハウスワランティ営業推進部

つい笑ってしまった暗殺者再びの話!

〜第31回:新型コロナウイルスをめぐる陰謀説および対処法。ハウスワランティ流時差出勤も登場〜

欧米人にくらべ、日本人が特徴的に持っている文化があります。

握手、キス、ハグをしない。

玄関で靴を脱ぐ。

入浴が好き。

しかも国境は海という防壁です。

が、そのいっぽう、陸続きの国境を持つという欧米などにくらべ、もうひとつ危機感の共有がしにくいようです。

このブログのキーボードを打っている4月時点でもそれを感じます。一言でいえば長期戦を覚悟して、じぶんのペースをキープしたほうがよさそうです。

感染しても発症する人、しない人がいます。その分水嶺になる決め手は免疫力ではないでしょうか。たとえば適切な運動、栄養、睡眠、入浴、笑いをたいせつにしたほうがいいと思います。「笑い」は「楽しさ」といってもいいでしょう。じっさい、「笑うことでがん細胞が減少する」などの実験結果もあります。いわゆるNK細胞のパワーです。

というわけで今回、イチオシの笑いのシーンは、3分9秒あたり。このほか、狙撃手の話、銀行強盗の話も登場(笑)。

「20年以上カゼをひいたことのないデイブ森田流健康法」も出ます。まさしく「病は気から」。

今後も、デイブ森田のビデオブログをお役立てください。

地盤は家の一部です。byデイブ森田

ワランティ通信では、地盤などに関する質問を受け付けております。

対談相手も募集中。自薦他薦問いません。テーマは地盤、住宅、経営、ゴルフなど、硬軟とりまぜて可能です。

TEL:03-5638-0086 一般社団法人ハウスワランティ営業推進部

紙おむつが、地盤業界を変える!?

〜デイブ森田のビデオブログ第30回。題して「仮設トイレがないときの仮説」。地盤業界・建設業界に大胆提言の巻〜

ブログの神様、降りてきてくださーい。

あんまりふざけたタイトルをつけたもんだから、書き出しで困ってまーす(笑)。

今回は、もしかしたらハウスワランティという企業のブランディングやポジショニングを左右する、衝撃的な発言がトップからありました。なんと、「紙オムツの代理店やりますよ。営業にきてください」(笑)。う、ライバル会社との圧倒的な差別化。たしかに、デイブ森田の提唱する紙オムツ活用法を推進すれば、様々な業界のトイレに関する時間・設備のコストが大幅に下げられます。ということは、粗利も向上。

これも含めて(含めるのか笑)、今後のビジネスモデル改善の話が出ます。2020年のハウスワランティも、いろんな意味で目が離せません(笑)。地盤業界を創った男は、地盤業界を変える男でもありますから。デイブ森田の発想力、合理性、革新性が横溢した収録でもありました。

地盤は家の一部です。byデイブ森田

ワランティ通信では、地盤などに関する質問を受け付けております。

対談相手も募集中。自薦他薦問いません。テーマは地盤、住宅、経営、ゴルフなど、硬軟とりまぜて可能です。

TEL:03-5638-0086 一般社団法人ハウスワランティ営業推進部

オリンピック後の不景気を生き残れ!

デイブ森田のビデオブログ第28回:経営コンサルタント出口経尊さんによるミニミニセミナー。「利益の見える化理論」とは〜

知人のマーケティング関係者が言ってました。

いまの10年は、むかしの100年に匹敵する。

激動。秒速。疾風怒濤。

あなたもわたしも、そんな過酷な時代で闘っています。考えみれば生き残っているだけでスゴイかも(じっと手を見る)。進化論のページを繰るまでもなく、強者生存ではなく、適者生存が摂理というもの。

とは言っても、「このなにかと忙しい5Gな時代に、じっくり腰を据えて勉強する時間なんてないぜ」というのもまたリアルな話。そこで今回も、建設業界専門の経営コンサルタント=出口経尊さん登場。なんと、契約ベースで売上1.8倍になった工務店の話も出ます。

粗利とキャッシュフローの大切さを痛感する内容となりました。

せめてこの2冊は読んで欲しい。そんなコストフォーバリューのある書籍も厳選して紹介してもらいました。あなたの座右の書になるかも。

「決算書なんて読めなくても大丈夫!」という文言が表1に踊るのは、『超★ドンブリ経営のすすめ』(和仁達也著/ダイヤモンド社)。

こちらもキレ味のいいタイトルで、『粗利「だけ」見ろ』(中西宏一著/幻冬舎)。

うーん、「見えない明日が見えてくる」というコンセプトにジャストフィットの内容(笑)。これはもう、社員全員で見てほしいコンテンツですよね、出口さん。そうすれば会社が変わりますよね、きっと。

ミニミニセミナー講師:

株式会社心楽コンサルティング代表取締役

経営コンサルタント出口経尊さん

建設業専門の傾聴屋。コンセプトは「建設業を楽しむ」

地盤は家の一部です。byデイブ森田

ワランティ通信では、地盤などに関する質問を受け付けております。

対談相手も募集中。自薦他薦問いません。テーマは地盤、住宅、経営、ゴルフなど、硬軟とりまぜて可能です。 TEL:03-5638-0086 一般社団法人ハウスワランティ営業推進部

V字回復も夢じゃない!

〜デイブ森田のビデオブログ第27回:経営コンサルタント出口経尊さんによるミニミニセミナー。「お金のブロックパズル」とは〜

社長の最大の仕事は、会社をつぶさないこと。

全2日間のセミナーでウン十万円の参加費をとる。そんな著名なコンサルタントが、こう断言しました。うー、たしかに至言です。

そのためにはやはりマネジメントに関する数字が読めること。でも建設業界や地盤業界は、ドンブリ勘定が多いのもまた事実(汗)。そこで、今回は建設業界専門の経営コンサルタント、出口経尊さんのミニミニセミナーをご用意。

珍しく、「見えない明日が見えてくる」というワランティ通信のコンセプトにぴったりの内容です(笑)。ズバリ、「お金のブロックパズル」がわかれば、お金の流れが見えてくる。はずです。

ミニミニセミナー講師:

株式会社心楽コンサルティング代表取締役

経営コンサルタント出口経尊さん

建設業専門の傾聴屋。コンセプトは「建設業を楽しむ」

ちなみにテーブルには、『経営の教科書』(新将命著/ダイヤモンド社)も登場。帯のコピーが恐ろしいんですよ。「会社をつぶす社長は80%の“原理原則”を知らない」。こちらも経営者には必読の書と言えそうですね。

地盤は家の一部です。byデイブ森田

ワランティ通信では、地盤などに関する質問を受け付けております。

対談相手も募集中。自薦他薦問いません。テーマは地盤、住宅、経営、ゴルフなど、硬軟とりまぜて可能です。

TEL:03-5638-0086 一般社団法人ハウスワランティ営業推進部