スペインから地盤調査のオファーがきました!

~地盤業界のビジュアル系、地盤業界のニューウェイブ。株式会社ぐんま地盤の高橋慎二さん&ダニーさん登場~

今回のゲスト:

「日本の土をデザインする」株式会社ぐんま地盤 代表取締役高橋慎二さん。

およびドローンのダニーさん。

番組初。なんと人間以外のゲストが登場です。

その名は、森田社長のダジャレが炸裂。「アラン・ドローンさん」。いやいや正式な名前は、「ドローンのダニーさん」らしいです。

まさしく今回は、ビジネスのIT化、グローバル化を実感した収録でした。

わが社のホームページや御社のホームページも、海外のお客様が青い目でチェックしてい るかもしれません。ふとそんな妄想にふけってしまいました。

今回のエピソードはおもに2つ。

1:スペインから地盤調査のオファーがきた話。

2:ぐんま地盤社員(?)「ドローンのダニーさん」の話。

まずはエピソード1から。

ぐんま地盤のホームページを見たスペインの会社から依頼があり、栃木県で地盤調査した そうです。バルセロナから来日したお客様と共に現地で「弾性波試験」をおこないました。「ヒッツ。アゥ」。くわしくはムービーで(笑)。

スペインといえば情熱の国。フラメンコ。ピカソ。ガウディ。パエリア。闘牛。とまあ月並みな連想ですいません。地盤調査の当日は、パッションあふれる楽しい現場だった模様です。

エピソード2。地盤業界に新しい風を吹かせたいということで、ドローンを積極的に活用しているそうです。

要点としては以下。

1:人間が入れないような場所でも測量で使える。

2:災害時などの有事に役立つ。

3:ムービーの撮影も可能(オルソ画像なども)。

4:費用に関して。ドローン本体5万円、アプリとか、対人対物保険など、ぜんぶパッケージ化されて約30万円だそうです。

最後にMCいわく「よいしょタイム」(おたがいのいいところを見える化する時間)。

森田さんの見る高橋さんは「明るい」。

高橋さんの見る森田さんは「安心感」。

ドローンは飛ぶわ、スペインからオファーはくるわ、ひさびさに地盤業界に新しい風を感 じた撮影現場でした。

やがて日本は、毎年の人口が100万人ずつ減っていきます。地盤業界も建設業界も、求人 問題は切実な問題としてビジネスの未来に暗雲を落としています。

現在の「地盤業界」を代表するキーワードは、こんな感じでしょうか。地盤調査。不同沈下。液状化。欠陥住宅。マイホーム。構造計算。

いっぽう高橋さんは新しい切り口で、業界を活性化していくキャラクターだと感じます。 明るい。楽しい。カッコイイ。

そんな元気を感じるブランディングは、企業のイメージアップや発展にも有効ではないで しょうか。景気の「気」は、元気の「気」ですよね。

高橋さん。またお越しください。ダニーさんといっしょに(笑)。

地盤は家の一部です。byデイブ森田

ワランティ通信では、地盤などに関する質問を受け付けております。

対談相手も募集中。自薦他薦問いません。テーマは地盤、住宅、経営、ゴルフなど、硬軟とりまぜて可能です。

TEL:03-5638-0086

一般社団法人ハウスワランティ営業推進部

検査を嫌がる工務店ってだいじょうぶですか?

~瑕疵保険のプロに聞く、住宅業界の「いま」と「これから」。住宅保証機構株式会社の芝謙一さん登場~

今回のゲスト:

「検査のプロ中のプロ」を迎えてのトークです。

住宅保証機構株式会社 営業企画部長=芝謙一さんの登場。

結論から書きます。

「検査を嫌がる工務店は、べつに悪いことをして隠しているわけではない」らしいですよ。

ごぞんじのように住宅産業はクレーム産業。

しかも欠陥住宅は、減らすことはできてもゼロにするのは困難です。

「いま」も「これから」も検査の重要性は、変わらないというわけですね。

むしろ意外なことに、最近のトレンドでいうと「しっかり見てくれ」という工務店が多いそう。「きちんと見てもらっている」というのが、マイホームを夢見るお客様に対するウリになる場合も多いようです。安心・安全は検査から。ですよね。

とはいえ、もともとしっかり工事管理・施工管理されているところは、いまだに「第三者の検査なんかいらない」という工務店もいらっしゃるようです。

それは、逆に自信の表れかもしれないですよね。

なので実際、「検査に対してウェルカムな工務店」と「嫌がる工務店」は、けっこう両極端に分かれるそうです。

で、せっかくなので、聞きにくいことも聞いてしまいました。

検査において、建設会社の落ち度(法令違反)は、どのていどありますか。

この答えは、ムービーでご覧になってください(笑)。

このほか、住宅産業の命題「空き家」に関する取り組み、および芝さんの現在の業務などを語っていただきました。

最後のあたりでは、ハウスワランティに対する芝さんのコメントをいただきました。

いい点。要約すると、ハウスワランティは「すごく雰囲気がいい会社」。

ただ難点をいえば「喫煙率の高さが気になる」そうです。

率直なご意見、ありがとうございます。

芝さん。またぜひお越しください。

地盤は家の一部です。byデイブ森田

ワランティ通信では、地盤などに関する質問を受け付けております。

対談相手も募集中。自薦他薦問いません。テーマは地盤、住宅、経営、ゴルフなど、硬軟とりまぜて可能です。

TEL:03-5638-0086

一般社団法人ハウスワランティ営業推進部

この顔を見かけたら、名刺交換お願いします!!

〜第9回:ハウスワランティ営業部の新人3名ご紹介。富山直也・嵯峨山陽介・本村源希〜

昭和感の漂う王道のダジャレでいえば、「新鮮力」ご紹介。

ハウスワランティ営業部の「新戦力」です。

若手のホープに対して、抱負や趣味などを聞いております。

この顔を見かけたら、ぜひ「ワランティニュース見たよー」と声をかけていただければ幸いです。

「1日でも早く活躍できるようにがんばります」

富山直也

趣味:野球観戦です。

入社:2019年2月。

「ガッツリ体育会系の人生を送ってきました」

嵯峨山陽介

趣味:格闘技観戦。プロレス以外。

入社:2018年12月。

「皆様のお役に立てるよう、1つ1つ勉強してがんばります」

本村源希

趣味:写真撮影。一眼レフで風景を。

入社:2018年10月。

ワランティ通信では、地盤などに関する質問を受け付けております。

対談相手も募集中。 自薦他薦問いません。テーマは地盤、住宅、経営、ゴルフなど、硬軟とりまぜて可能です。

TEL:03-5638-0086

一般社団法人ハウスワランティ営業推進部

えっ、宇宙から地盤調査ですか?

〜第16回:令和時代の地盤調査はどう変わる。近未来の地盤調査の可能性〜

森田ファンの一部の声にお応えして、平成の「ボケ」の数々を掲載してみましょう。

そうです。

「デイブ森田のビデオブログ」といえば、冒頭の「ボケ」が名物。

「地盤業界のカリスマ、地盤業界の横綱、地盤業界の○○○」ってやつです。

バックナンバーには、たとえばこんな「ボケ」がありました。

地盤業界の本庶教授。

地盤業界の貴乃花。

地盤業界の習近平。

地盤業界の物忘れ。

地盤業界のハレーション。

地盤業界のゴーン容疑者。

などなど。

今回は、諸般の事情により「ピー」が入っております(笑)。

あなたのお好きな「地盤業界の○○○」をイメージして、お楽しみください。

さて。

平成とは、デイブ森田のつくった地盤保証が誕生し、定着した時代でもありました。

営業トークは、もはや今昔の感がありますけども、「地盤調査しましょう」の時代でした。現代では、地盤調査するのが当たり前。令和になれば、さらに「当たり前が変わっていくのが当たり前」ということになりそうです。

なんせ日本は、1年間に100万人が減っていく国。「前にならえ、横にならえ、上にならえ」では、とうてい生き残っていけません。

そこで、新旧世代が、近未来の地盤業界についてトークを展開。

株式会社FORTの水野陽平さんをゲストに迎えています。

1:人工衛星から地盤調査できるんですか。

2:匂いを活用した地盤調査ってあるんですか。

3:820万戸の空き家は、さら地になるものも出てくる。今後の地盤調査のスタンダードが問われる時代でもあるんじゃないか。

4:スウェーデン式サウンディング試験の課題とは。

などなど。

見えない「令和」が見えてくる。そんな一助としてお役立てください。

最後になりましたが、令和時代も「ワランティ通信」をどうぞよろしくお願いします。

ワランティ通信では、地盤などに関する質問を受け付けております。

対談相手も募集中。 自薦他薦問いません。テーマは地盤、住宅、経営、ゴルフなど、硬軟とりまぜて可能です。

TEL:03-5638-0086 一般社団法人ハウスワランティ営業推進部

地盤保証会社の正しい選び方とは?

〜第15回:業界で蔓延している誤解、嘘、伝言ゲームを見抜くコツ。「warranty:ワランティ」と「insurance:インシュアランス」は大きく違う〜

どんな業界にも光と影があります。あんまり大きな声では言えない「不都合な真実」があります。

というわけで、地盤業界のパイオニアにしてカリスマ、デイブ森田があえて地盤業界の現状に疑問をぶつけています。ズバリ、「地盤保証という商品を売る際、内容が違うことを説明している」というのが問題であるという指摘です。
一言でいえば、「warranty:ワランティ:保証」と「insurance:インシュアランス:保険」の違い。保証とは、技術の付加が前提条件。事故のないよう最大限の努力をすることが基本になります。

今回は、京都で地盤改良工事会社を営むジョニーさんが登場。
「地盤保険」という商品が存在するかのように誤解していた旨を、カミングアウトしています。
ジョニーさん、ぶっちゃけてくれてありがとうございます(笑)。業界には誤解している人、誤解しているフリをしている人の2種類が存在するということも判明しました。後者の場合、「赤信号みんなで渡れば怖くない」的な傾向もあるのではないか。そんな声も今回のビデオでは登場します。

地盤保証というビジネスモデルのあるべき姿。いま一度、それを業界人は正確に把握して、誠実なビジネスを展開する。そんな時期が到来したのだと思います。
それが、SDGs=持続可能な開発目標を引き合いに出すまでもなく、サステイナブルな(持続可能な)ビジネスの姿ではないでしょうか。

ワランティ通信では、地盤などに関する質問を受け付けております。
対談相手も募集中。 自薦他薦問いません。テーマは地盤、住宅、経営、ゴルフなど、硬軟とりまぜて可能です。
TEL:03-5638-0086
一般社団法人ハウスワランティ営業推進部

これ一本で「地盤保証」がわかるビデオ

〜第14回:地盤調査の前に見ておこう。日本で初めて地盤保証のスキームをつくった本人=デイブ森田が、わかりやすく図解します〜

まずは恐ろしい話から。
そもそも地盤保証の仕組みを誤解している業界人もいる。あるいは、極論すれば誤解しているフリをして、セールストークの際にウソをついている業界人もいるのではないか。そんな疑問を持たざるをえないケースも存在する、という衝撃の事実を再認識した回になりました。

「地盤は、家の最も重要なパーツです」コピーライター竹島靖氏
そんなフレーズもあります。
災害の頻発する昨今、あらためて業界人も生活者も、しっかり地盤保証の本来の姿をおさえておいて損はありません。

建築計画→地盤調査→解析→直接基礎か地盤改良工事かの判定。

そんな住まいづくりのフローチャートに沿って、デイブ森田がホワイトボードを使ってわかりやすく解説しています。残念ですが、地盤改良工事の発生した場合、100万単位で費用が発生します。安全は担保したい。しかし予算は抑えたい。ハウスワランティは、プロとしての知見を生かしてそのバランスを見つつ、グレーゾーンを判断しているわけです。

最大のポイントはコレです。
地盤保証会社(たとえばハウスワランティ)の仕事は、生活者に地盤の「保証をする」というのが重要。けっして「保険」ではありません。「じゃ、地盤保証会社に何かあったときはどうなるのか」という素朴な疑問をお持ちのかた。ビデオ必見です。

あくまで「保険会社の保険を代理しているわけではない」というのが重要です。そう、「地盤保険」という商品はないのです。ただ、地盤保証会社の人間じたいが、勘違いしているケースもゼロではないようです。

だからこそ。
いま一度、原点に立ち返り、健全なセールストークおよび業界全体の発展に寄与できるコンテンツとしてご活用いただければと思います。

ワランティ通信では、地盤などに関する質問を受け付けております。
対談相手も募集中。 自薦他薦問いません。テーマは地盤、住宅、経営、ゴルフなど、硬軟とりまぜて可能です。
TEL:03-5638-0086
一般社団法人ハウスワランティ営業推進部

地盤は家の一部です!

〜ズバリ直言「保証」と「保険」はこう違う。業界に蔓延した罪深い「伝言ゲーム」とは〜
地盤業界にとっては、ある種「禁断のテーマ」のひとつでしょうか。
デイブ森田の軽妙なトーンにのせて、「地盤保証のあるべき姿を思い出そうぜ」という辛口の提案。似ているようで大きく違う「保証」と「保険」の違いについて分かりやすく、みっちり解説しています。

たとえば欠陥住宅、不同沈下、液状化。プロの英知を投入してリスクはゼロに近づけるべし。「確かな技術を提供することが、保証の軸」である。そんな真っ当な主張を展開しています。建設業界・地盤業界に身を置く人なら、絶対に絶対に絶対におさえておくべしという必見のキラーコンテンツです。

1:本来の「保証」の意味を思い出せ。
保証とは、技術を管理すること。データを読む、工事を設計する、管理する。これが重要。不同沈下など事故のない技術を提供することが大切。

2:とはいえ、人間のすることにミスはつきもの。
あくまで万一のために、保険をかける。

3:ここ10年ぐらいは「保険かけてるから、何も心配ない」という風潮も。
デイブ森田が30年前に地盤保証を始めたころのスキームから考えれば、主従の逆転といえる。

4:なぜそんな現象が起こったのか。
仮説:
誤解やズレが増幅していく、「伝言ゲーム」が発生したのではないか。

今回の登場メンバー。画面左から(敬称略)。

「地盤調査・改良工事/測量/申請業務/不動産売買」
株式会社国保住建
常務取締役 近藤琢也

「著作『住育のすすめ』『危ない「住活」』など。伝説のコピーライター」
コピーライター・作家・住育研究家
竹島靖

「独自の地盤保証システムを構築し、保証の安全性を高める」
一般社団法人ハウスワランティ 代表理事 デイブ森田

「地盤調査・地盤改良」
株式会社FORT
事業推進課課長 水野陽平

「土いじり大好き」
地盤調査改良工事会社
西村伸一(ジョニー)

ワランティ通信では、地盤・地震などに関する質問を受け付けております。
対談相手も募集中。 自薦他薦問いません。テーマは地盤、住宅、経営、ゴルフなど、硬軟とりまぜて可能です。
TEL:03-5638-0086
一般社団法人ハウスワランティ営業推進部

いい家は地盤から!

〜新旧世代に聞く、地盤業界の魅力と課題。ジオテック遠藤社長を迎えて最終回〜

今回は、なんと「ワランティ通信」始まって以来の大所帯でお届けします。全6名。地盤業界の横綱「デイブ森田」ならではの人望が威力を発揮。地盤業界の内外から新旧世代の全6名が顔を揃えています。

新登場のメンバーは、名古屋の株式会社国保住建、近藤さん。および東京の株式会社FORT、水野さん。
水野さんは、音楽業界から地盤業界に入ったキャリアの持ち主。新鮮な角度から地盤業界について語ってくれました。

トークの概要は以下です。
1:地盤業界の魅力・課題・可能性。
2:セカンドオピニオンの問題点。
3:欠陥住宅との関連。
4:地震や防災という視点。

今回の登場メンバー。画面左から(敬称略)。

「地盤と向き合い、未来を見つめる」
ジオテック株式会社
代表取締役 遠藤智之

「地盤調査・改良工事/測量/申請業務/不動産売買」
株式会社国保住建
常務取締役 近藤琢也

「著作『住育のすすめ』『危ない「住活」』など。伝説のコピーライター」
コピーライター・作家・住育研究家
竹島靖

「独自の地盤保証システムを構築し、保証の安全性を高める」
一般社団法人ハウスワランティ 代表理事 デイブ森田

「地盤調査・地盤改良」
株式会社FORT
事業推進課課長 水野陽平

「土いじり大好き」
地盤調査改良工事会社
西村伸一(ジョニー)

ワランティ通信では、地盤・地震などに関する質問を受け付けております。
対談相手も募集中。 自薦他薦問いません。テーマは地盤、住宅、経営、ゴルフなど、硬軟とりまぜて可能です。
TEL:03-5638-0086
一般社団法人ハウスワランティ営業推進部

できる営業は、雑談ができる。

~話題に困ると、仕事に困る。社長2人の雑談力を盗め~

引き続き、地盤業界の老舗ジオテック遠藤社長を迎えたトークです。

結論から書きます。 雑談力は以下の4つがポイントです。

1:引き出しは増やしておこう。 遠藤社長は、電車での移動中にスマホでニュースを読んでいるそうです。

2:営業先の担当と同じ趣味を見つける。 ちなみに遠藤社長の趣味は、バイクやゴルフ。ヤマハの1300ccの大型二輪に乗っている そうです。

3:基本的な技術やマニュアルは、身につけといて当たり前。

4:とりあえず、テレビ朝日「科捜研の女」(主演:沢口靖子)は観ろ(笑)。 これは、デイブ森田がハマっている番組です。このほか、テレビ朝日「警視庁・捜査一課 長」(主演:内藤剛志)も要チェック。 遠藤社長の場合、好きなテレビ番組はドキュメンタリー「警察24時」です。 少なくとも、このコンテンツをおさえておけば、ふたりとの商談は弾むと思われます (笑)。

ワランティ通信では、地盤・地震などに関する質問を受け付けております。 対談相手も募集中。 自薦他薦問いません。テーマは地盤、住宅、経営、ゴルフなど、硬軟とりまぜて可能です。
地盤は家の一部です。
byデイブ森田 両国にいらっしゃったら、ごいっしょに食事でも(笑)。 TEL:03-5638-0086

えっ!タイムカードやめたんですか?

~地盤業界の老舗ジオテック30周年。経営トップに聞く生き残りの秘訣とは~

まずは、世の経営者にとってショッキングなデータから。

企業の生存率について。 一説では以下のような数字が言われてます。ちなみにこの数字じたい、都市伝説ではない か説もあります。

設立20年の生存率:0.3%。つまり1,000社に3社。 設立30年の生存率:0.02%。つまり10,000社に2社。

というわけで今回の主題。 創業30年のジオテック社長に聞く「企業のサバイバル術」です。近年の経営改善を3つ教 えてくれました。

伝統とは前衛の連続である。次々と「次」の手を打っていました。

1:タイムカードをやめた。 そのかわりにシステムを入れたそうです。社員の勤怠状況が全員で「見える化」できる仕 組みをつくったとか。残業が激減した効果あり。

2:地盤調査のデータをスピーディに共有する仕組み。 追跡可能性などにおいて優位性。

3:現場での週休二日制の模索。 労働環境の改善やワークライフバランスといったものは、社会的命題でもあります。人材 の確保にも直結。
このほか、デイブ森田からは2019年以降の地盤保証をめぐる衝撃的な発言も。 「地盤保証じたいは姿を変える」という予言。「保険を売る」から「技術を売る」に変わっ ていくという仮説を展開しています。
地盤業界の横綱ふたりによる、ゆるくてホットなトークセッションをお楽しみください。

ワランティ通信では、地盤・地震などに関する質問を受け付けております。 対談相手も募集中。 自薦他薦問いません。テーマは地盤、住宅、経営、ゴルフなど、硬軟とりまぜて可能です。
地盤は家の一部です。
byデイブ森田 両国にいらっしゃったら、ごいっしょに食事でも(笑)。

TEL:03-5638-0086