地盤は家の一部です!

〜ズバリ直言「保証」と「保険」はこう違う。業界に蔓延した罪深い「伝言ゲーム」とは〜
地盤業界にとっては、ある種「禁断のテーマ」のひとつでしょうか。
デイブ森田の軽妙なトーンにのせて、「地盤保証のあるべき姿を思い出そうぜ」という辛口の提案。似ているようで大きく違う「保証」と「保険」の違いについて分かりやすく、みっちり解説しています。

たとえば欠陥住宅、不同沈下、液状化。プロの英知を投入してリスクはゼロに近づけるべし。「確かな技術を提供することが、保証の軸」である。そんな真っ当な主張を展開しています。建設業界・地盤業界に身を置く人なら、絶対に絶対に絶対におさえておくべしという必見のキラーコンテンツです。

1:本来の「保証」の意味を思い出せ。
保証とは、技術を管理すること。データを読む、工事を設計する、管理する。これが重要。不同沈下など事故のない技術を提供することが大切。

2:とはいえ、人間のすることにミスはつきもの。
あくまで万一のために、保険をかける。

3:ここ10年ぐらいは「保険かけてるから、何も心配ない」という風潮も。
デイブ森田が30年前に地盤保証を始めたころのスキームから考えれば、主従の逆転といえる。

4:なぜそんな現象が起こったのか。
仮説:
誤解やズレが増幅していく、「伝言ゲーム」が発生したのではないか。

今回の登場メンバー。画面左から(敬称略)。

「地盤調査・改良工事/測量/申請業務/不動産売買」
株式会社国保住建
常務取締役 近藤琢也

「著作『住育のすすめ』『危ない「住活」』など。伝説のコピーライター」
コピーライター・作家・住育研究家
竹島靖

「独自の地盤保証システムを構築し、保証の安全性を高める」
一般社団法人ハウスワランティ 代表理事 デイブ森田

「地盤調査・地盤改良」
株式会社FORT
事業推進課課長 水野陽平

「土いじり大好き」
地盤調査改良工事会社
西村伸一(ジョニー)

ワランティ通信では、地盤・地震などに関する質問を受け付けております。
対談相手も募集中。 自薦他薦問いません。テーマは地盤、住宅、経営、ゴルフなど、硬軟とりまぜて可能です。
TEL:03-5638-0086
一般社団法人ハウスワランティ営業推進部

いい家は地盤から!

〜新旧世代に聞く、地盤業界の魅力と課題。ジオテック遠藤社長を迎えて最終回〜

今回は、なんと「ワランティ通信」始まって以来の大所帯でお届けします。全6名。地盤業界の横綱「デイブ森田」ならではの人望が威力を発揮。地盤業界の内外から新旧世代の全6名が顔を揃えています。

新登場のメンバーは、名古屋の株式会社国保住建、近藤さん。および東京の株式会社FORT、水野さん。
水野さんは、音楽業界から地盤業界に入ったキャリアの持ち主。新鮮な角度から地盤業界について語ってくれました。

トークの概要は以下です。
1:地盤業界の魅力・課題・可能性。
2:セカンドオピニオンの問題点。
3:欠陥住宅との関連。
4:地震や防災という視点。

今回の登場メンバー。画面左から(敬称略)。

「地盤と向き合い、未来を見つめる」
ジオテック株式会社
代表取締役 遠藤智之

「地盤調査・改良工事/測量/申請業務/不動産売買」
株式会社国保住建
常務取締役 近藤琢也

「著作『住育のすすめ』『危ない「住活」』など。伝説のコピーライター」
コピーライター・作家・住育研究家
竹島靖

「独自の地盤保証システムを構築し、保証の安全性を高める」
一般社団法人ハウスワランティ 代表理事 デイブ森田

「地盤調査・地盤改良」
株式会社FORT
事業推進課課長 水野陽平

「土いじり大好き」
地盤調査改良工事会社
西村伸一(ジョニー)

ワランティ通信では、地盤・地震などに関する質問を受け付けております。
対談相手も募集中。 自薦他薦問いません。テーマは地盤、住宅、経営、ゴルフなど、硬軟とりまぜて可能です。
TEL:03-5638-0086
一般社団法人ハウスワランティ営業推進部

できる営業は、雑談ができる。

~話題に困ると、仕事に困る。社長2人の雑談力を盗め~

引き続き、地盤業界の老舗ジオテック遠藤社長を迎えたトークです。

結論から書きます。 雑談力は以下の4つがポイントです。

1:引き出しは増やしておこう。 遠藤社長は、電車での移動中にスマホでニュースを読んでいるそうです。

2:営業先の担当と同じ趣味を見つける。 ちなみに遠藤社長の趣味は、バイクやゴルフ。ヤマハの1300ccの大型二輪に乗っている そうです。

3:基本的な技術やマニュアルは、身につけといて当たり前。

4:とりあえず、テレビ朝日「科捜研の女」(主演:沢口靖子)は観ろ(笑)。 これは、デイブ森田がハマっている番組です。このほか、テレビ朝日「警視庁・捜査一課 長」(主演:内藤剛志)も要チェック。 遠藤社長の場合、好きなテレビ番組はドキュメンタリー「警察24時」です。 少なくとも、このコンテンツをおさえておけば、ふたりとの商談は弾むと思われます (笑)。

ワランティ通信では、地盤・地震などに関する質問を受け付けております。 対談相手も募集中。 自薦他薦問いません。テーマは地盤、住宅、経営、ゴルフなど、硬軟とりまぜて可能です。
地盤は家の一部です。
byデイブ森田 両国にいらっしゃったら、ごいっしょに食事でも(笑)。 TEL:03-5638-0086

えっ!タイムカードやめたんですか?

~地盤業界の老舗ジオテック30周年。経営トップに聞く生き残りの秘訣とは~

まずは、世の経営者にとってショッキングなデータから。

企業の生存率について。 一説では以下のような数字が言われてます。ちなみにこの数字じたい、都市伝説ではない か説もあります。

設立20年の生存率:0.3%。つまり1,000社に3社。 設立30年の生存率:0.02%。つまり10,000社に2社。

というわけで今回の主題。 創業30年のジオテック社長に聞く「企業のサバイバル術」です。近年の経営改善を3つ教 えてくれました。

伝統とは前衛の連続である。次々と「次」の手を打っていました。

1:タイムカードをやめた。 そのかわりにシステムを入れたそうです。社員の勤怠状況が全員で「見える化」できる仕 組みをつくったとか。残業が激減した効果あり。

2:地盤調査のデータをスピーディに共有する仕組み。 追跡可能性などにおいて優位性。

3:現場での週休二日制の模索。 労働環境の改善やワークライフバランスといったものは、社会的命題でもあります。人材 の確保にも直結。
このほか、デイブ森田からは2019年以降の地盤保証をめぐる衝撃的な発言も。 「地盤保証じたいは姿を変える」という予言。「保険を売る」から「技術を売る」に変わっ ていくという仮説を展開しています。
地盤業界の横綱ふたりによる、ゆるくてホットなトークセッションをお楽しみください。

ワランティ通信では、地盤・地震などに関する質問を受け付けております。 対談相手も募集中。 自薦他薦問いません。テーマは地盤、住宅、経営、ゴルフなど、硬軟とりまぜて可能です。
地盤は家の一部です。
byデイブ森田 両国にいらっしゃったら、ごいっしょに食事でも(笑)。

TEL:03-5638-0086

じつは、焼き肉が決め手です!

~外国人技能実習生とのつきあいかた。ジオテック遠藤社長に聞く1~

見えない明日が見えてくる。 そんなワランティ通信のコンセプトを思い出す、珍しくコンセプチュアルな対談となりま した(笑)。

ジオテックは、10年前からインドネシアのバリ島から、外国人技能実習生の受け入れに成功しています。言葉。文化。習慣。様々な問題をどうクリアしてきたのか。

重要な役割をもっているのが月に1回の食事会。この席では全員、ヘタでもよいから日本語だけでコミュニケーションを図るとか。3年日本に滞在すると、日本語で冗談が言えるぐらいに上達するそうですよ。もちろん、信頼感を増幅する「ジオテック名物、遠藤社長のいい声」も関係の構築で役立っているに違いありません。7か国語を操るデイブ森田も、 自身の外国語習得法を開陳。

今回、遠藤社長が持参してくださったのは、『知らないと損をする住宅地盤』(ジオテテック株式会社住宅地盤相談室編/麻布出版)です。

ワランティ通信では、地盤・地震などに関する質問を受け付けております。 対談相手も募集中。 自薦他薦問いません。テーマは地盤、住宅、経営、ゴルフなど、硬軟とりまぜて可能です。

地盤は家の一部です。byデイブ森田
両国にいらっしゃったら、ごいっしょに食事でも(笑)。
一般社団法人ハウスワランティTEL:03-5638-0086

「第11回森田杯ゴルフコンペ」開催しました。

〜11月8日、サミットゴルフクラブにて。全員のティーショットが見られるよう編集しました〜

当日の朝は、何かのポスターに使いたいぐらいの青空でした。

茨城県石岡市サミットゴルフクラブ。
7:52スタートでした。
全11組に分かれたゴルフコンペを開始。
撮影クルーがプレーに密着。
全員のティーショットが見られるよう編集しました。
快音あり、怪音あり(笑)。
楽しげなBGMと共にご覧ください。

あ。う。おー。
というような惜しいショットや見事なショットも登場。

次回のゴルフコンペでは、
ベストドレッサー賞も出そうじゃないかという話が、チラホラ出ております(笑)。

方針発表会の懇親会やゴルフコンペは、
絶好の情報交換の場であり、人脈づくりの場でもあります。
お気軽にご参加くださいませ。

ワランティ通信では、地盤・地震などに関する質問を受け付けております。
対談相手も募集中。
自薦他薦問いません。テーマは地盤、住宅、経営、ゴルフなど、硬軟とりまぜて可能です。
地盤は家の一部です。
byデイブ森田
両国にいらっしゃったら、ごいっしょに食事でも(笑)。
TEL:03-5638-0086

「ハウスワランティ方針発表会2018秋」開催

〜11月7日両国にて。7名の登壇者による、硬軟とりまぜたトークが好評〜

まずは、恐ろしい話から。

1997年の約685万人をピークにして、建設業の就業者数は減り続けています。
いかに産業としての魅力をアピールできるか。
いかに少ない社員数でも業務を継続できるか。
様々な課題が山積みといっていいでしょう。
逆にいえば、これらの難問にしっかり取り組むことができれば、
2020年の東京オリンピック・パラリンピック、
2015年の大阪万博を追い風にしつつ、ビジネスを拡大することができるといっていいのです。

さて、「ハウスワランティ方針発表会2018秋」。
前出の経営課題にフォーカスしたごとく、
内容の濃いプレゼンテーションが連続しました。
特に、「クラウドスタンプ」「D・BOX運用について」「D・BOX紹介」は、
最新の技術のご紹介として、
意義深いものだと確信しております。

登壇者の皆様、ありがとうございました。
ハウスワランティでは今後も、
最新情報やここだけの話が入手できる有意義なイベントを開催し、
皆様とコミュニケーションを図ってまいります。

なお当日は、複数のお客様から「ワランティ通信見てます」「おもしろいですね」
などの声をスタッフにかけていただきました。
ありがとうございます。

当日の登壇者:
一般財団法人住宅産業研修財団 溝田様。
一般社団法人ハウスワランティ代表理事 森田。
住宅保証機構株式会社 手塚様。
株式会社アクセル 萩様。
応用地質株式会社 大久根様。藤巻様。
一般社団法人ハウスワランティ 河野。
メトリー技術研究所株式会社 野本様。

ワランティ通信では、地盤・地震などに関する質問を受け付けております。
対談相手も募集中。
自薦他薦問いません。テーマは地盤、住宅、経営、ゴルフなど、硬軟とりまぜて可能です。
地盤は家の一部です。
byデイブ森田
両国にいらっしゃったら、ごいっしょに食事でも(笑)。
TEL:03-5638-0086

銀座だって京都だって液状化するかも

〜建物の価値も傾く、液状化の原因・傾向・対策〜

観光立国をめざすJAPANにとって、キラーコンテンツといえば温泉です。
3084か所。
これは2017年3月、環境省自然環境局が発表した資料による温泉地の数です。
ただ、温泉大国とはつまり地震大国でもあるわけです。
わたしたち住宅に携わる者は、
「どう地震と付き合うか」「どう液状化と付き合うか」が問われているといっていいでしょう。
北海道地震で発生した液状化。
他人事ではありません。
液状化の発生する可能性が高い土地は、日本中に存在しています。
転ばぬ先のチエ。
デイブ森田のビデオブログ第8号は、液状化特集。
「杭打ちした杭は、建物につけたほうがいいのか、つけないほうがいいのか」など、
施工に関する技術的な洞察も加えています。

デイブ森田のビデオブログ では、地盤・地震などに関する質問を受け付けております。
対談相手も募集中。
自薦他薦問いません。テーマは地盤、住宅、経営、ゴルフなど、硬軟とりまぜて可能です。
地盤は家の一部です。
byデイブ森田
両国にきたら、ごいっしょに食事でも(笑)。
TEL:03-5638-0086

北海道地震の真相に迫る

〜ハウスワランティ解析部の内部文書「近澤レポート」をめぐって〜

なんと、被害総額は2000億円を超えたそうです。
9月6日に発生した北海道地震。
気象庁の命名では「平成30年北海道胆振東部地震」(ほっかいどういぶりとうぶじしん)です。
デイブ森田のビデオブログ第7回は、この地震のニュースでも衝撃的な映像が流れた「液状化」についての解説です。
地震の翌日、ハウスワランティ解析部の近澤が、
「平成30年北海道胆振東部地震で発生した札幌市清田区液状化についての考察」をまとめています。
この文書をもとに、地盤業界のカリスマ、地盤業界の横綱、
地盤業界の○○○(くわしくはビデオで笑)のデイブ森田のトークが炸裂します。

デイブ森田のビデオブログ では、地盤・地震などに関する質問を受け付けております。
対談相手も募集中。
自薦他薦問いません。テーマは地盤、住宅、経営、ゴルフなど、硬軟とりまぜて可能です。
地盤は家の一部です。
byデイブ森田
両国にきたら、ごいっしょに食事でも(笑)。
TEL:03-5638-0086

~ハウスワランティ2018秋の方針発表会・懇親会・森田杯開催です~

あなたにとって、今年はどんな年だったでしょうか。
そして、来年はどんな年になるでしょうか。

いよいよ、2018年も3か月を切りました。
ハウスワランティにとっても、多くの日本人にとっても、
今年はとにかく災害の多い年だった。
そんなふうに記憶されるような気がします。

たとえば西日本豪雨や北海道地震。
「災害」や「地盤」というキーワードが頻発した一年でした。

ますます、住宅や街づくりにおける
「地盤」の重要性がクローズアップされる中でのイベント開催となります。
ぜひご参加くださいませ。
世界のゆくえ、業界のゆくえを見据えたうえで、
デイブ森田が「見えない明日」をズバッと直言予定。
もちろん、ライブでしか聞けない「ここだけの話」も出ると思われます(笑)。

なお、イベント当日は、「デイブ森田のビデオブログ」に出てみたい、
デイブ森田と対談してみたい、というかたも募集しております。
最新の技術、生き残り戦略、ゴルフ談義、東京のうまい店、
などなど、テーマはゆるーく設定できますのでご相談ください。

なお今回は、地盤調査・改良工事会社様向けのイベントです。
くわしくはファクスにてお知らせいたしましたので、ご確認ください!

今月の通行人:総務部部長永井敦。

イベント概要は以下です。

1:ハウスワランティ2018秋の方針発表会
2018年11月7日水曜午後
国際ファッションセンター
東京都墨田区横網1-6-1

方針発表会の終了後は、懇親会も予定しております。

2:森田杯
茨城県のゴルフ場を予定しております。

お申し込み・お問い合わせは
TEL:03-5638-0086
FAX:03-5638-0076

地盤は家の一部です。byデイブ森田
地盤に関するご質問・お問い合わせはデイブ森田まで。
お気軽にどうぞ。
両国にきたら、ごいっしょに食事でも(笑)。
TEL:03-5638-0086